ゆめつづりの秘密

HOME > ゆめつづりの秘密

<< 畳廊下ができるまで | メイン | シーツがベージュ色の理由 >>

浴衣と羽織

2.jpgゆめつづりのひみつ 第2回目は「浴衣と羽織」についてお話しします。

旅館の浴衣の多くは、洗濯屋さんから借りています。ですから、旅館ごとの柄が違っていても材質は薄くてペラペラなんてこと経験ありませんか。

洗濯屋さんに借りるとい うことは、洗濯屋さんの都合に合わせるということです。
薄い浴衣は回収、洗濯、アイロンがけがし易いのですね。これでは洗濯屋さんは喜んでも、お客様に喜んでいただけるのだろうか?喜んでいただけませんよね。

そこで、コストはかかっても自社所有の浴衣を作ろう!ということになりました。肌触りの気持ちの良い生地探しに1ケ月、デザインに2ケ月、洗ってくれる洗濯屋さん探しに1ケ月、合計4ケ月かけて完成した浴衣です。

また、羽織は夏用、冬用の2種類を用意しています。これは館内を賑やかにしたいという女将の発案から、各お部屋に違う色のものをセットしてお客様にお選びいただいてます。

全5色あることご存知でしょうか。これからもお好きな色をお選びいただいてお召しになってくださいね。

投稿者 yumetsuduri : 2007年06月07日 11:05

ご予約・お問い合わせ 0120−82−1253 フォームはこちら フォームはこちら 求人情報はこちら
庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり
富山西部の奥座敷にひっそりと佇む温泉宿です。五箇山のお膝元にあり、目の前には庄川峡の清流が流れる閑静な空間で、
四季折々の里山の表情、富山湾で水揚げされたばかりの旬の魚をたっぷりご堪能ください。