ゆめつづりの秘密

HOME > ゆめつづりの秘密

<< 館内にある四つの厨房 | メイン | バスタオルの置き場所について >>

朝食にパンを出さない理由

6.jpgお客様からのアンケートの中に「朝食にパンも欲しかった」というご意見をよく拝見します。「朝はいつもパン食だからパンが良い」というお客様は多いと思います。
なのに何故朝食にパンを出さないのか…

ゆめつづりのひみつ 第5回目は「朝食にパンを出さない理由」についてお話しします。

新しい旅館づくりの構想の際に、朝食はバイキングでいこう。ということは意外と早くから決まっていました。朝食時間の30分前に布団を上げにこられて、寝ていたお部屋に朝食を用意されるのはプロジェクトの7.jpg誰もが抵抗があったからです。

さて問題はどんなバイキングにするかでした。和洋食のバイキングですと、料理数は40種類とか50種類になります。「エッ、そんなにある?」という声が聞こえてきそうですが、サラダのドレッシングの種類やポン酢などのつけダレなんかを合わせるとその位の数になってしまいます。
限られた社員数で朝からこれだけの仕事をするとなると、どうしてもムリがあり、先ほどの料理数の多くを既製品に頼らざるおえなくなってしまいます。

既製品でも多品種がよいか。それとも料理数を絞って手作りとするか。ゆめつづりでは後者を選びました。

富山のおいしいコシヒカリを釜炊きで、そしてそのご飯に合ったおかずを用意する。
和食のバイキングは多くのお客様から喜ばれています。

ですから、パンはお出ししないのです。

投稿者 yumetsuduri : 2007年06月10日 11:02

ご予約・お問い合わせ 0120−82−1253 フォームはこちら フォームはこちら 求人情報はこちら
庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり
富山西部の奥座敷にひっそりと佇む温泉宿です。五箇山のお膝元にあり、目の前には庄川峡の清流が流れる閑静な空間で、
四季折々の里山の表情、富山湾で水揚げされたばかりの旬の魚をたっぷりご堪能ください。