ゆめ花日記

HOME > ゆめ花日記

2017年2月12日 お雛様


P1090749.JPG

 お雛様をしまい忘れると・・・なんて俗説はありますが、出し忘れると・・・っていう俗説はありますか?節分が過ぎたら出そうと思っていたら、すっかり忘れてしまいました。慌てて出しました。
 調べると、しまい忘れると嫁に行き遅れるというのは、やはり俗説で地方によっては4月頃まで飾る所もあるそうです。ただし、季節感がなくなるので、ほどほどで。出し忘れについてはないですが、出すとよい時期は、雨水(うすい)の日で良縁に恵まれるそうです。(失敗したなぁ(笑))
 節句の飾りで季節を感じる、風流ですなぁ。

投稿者 yumetsuduri : 2017年02月14日 14:40 | トラックバック (0)

2016年12月25日 神様へ・・・。


四方紅と御幣.jpg

 神様へのクリスマスプレゼント。(笑) 四方紅と御幣を作っちゃいました。
 お正月には、鏡餅を飾ります。最近では、飾らないご家庭も増えているようですが、ゆめつづりでは大切な伝統を受け継いでいきたいと思っております。鏡餅にも、ちゃんと意味があります。昔の鏡は、鏡餅の様に丸い形をしており、鏡には神様が宿ると言われ、なので鏡に似せた餅を飾り、神様と共に新年を祝ったそうです。では、その鏡餅の飾り1つ1つにも意味があるのですが、みな様ご存じでしょうか?
【御幣(ごへい)】紅白の垂れ下がる紙。・・・神様をお招きするための捧げ物。普通は白だが、お正月飾りの場合に、魔除けの赤を入れて紅白にする。
【四方紅(しほうべに)】赤い縁取りのある紙。・・・一年間の繁栄を願う。
【橙(だいだい)】天辺に飾られるが、最近はミカンで代用が多い。・・・子孫が代々栄えますように。
【裏白(うらじろ)】名の通り裏側が白い葉。・・・シダは、古い葉と新しい葉が一緒に成長するため、末永く繁栄するように、また対になっているので、夫婦円満の意味もある。
と、まぁ、私自身この意味を全然知りませんでした。(笑) でも、知ってから作ると、一折一折に気持ちが込められ、大変満足いく出来になりました。皆さまも、是非やってみてください。

投稿者 yumetsuduri : 2016年12月25日 16:43 | トラックバック (0)

2016年12月 三助焼


 夕食の御飯茶碗に地元砺波の「三助焼」のお茶碗を使うことになりました。普段使いするというよりは、特別な時に使うお茶碗ということで、ゆめつづりでのひと時を演出してくれることでしょう。
 それと同時に、売店でもコーヒーカップなど何点か取り扱うこととなりました。特徴の緑の釉薬が大変印象的な作品たちです。買わなくても、見るだけでいいので、売店に足を運んでみてください。(笑)

三助焼 御飯茶碗.jpg

三助焼.jpg

投稿者 yumetsuduri : 2016年12月06日 19:34 | トラックバック (0)

2016年11月 ゆず風呂のご案内


2016.11 鬼ゆず.jpg

 左が「金屋ゆず」、右が「鬼ゆず」です。鬼ゆずといっても柚子の仲間ではなく文旦の仲間で、食用というよりは観賞用らしいです。貴重な鬼ゆずをゆめつづりでも大変お世話になっている「トナミ醤油」さんに譲っていただきました。
 大浴場と家族風呂での「ゆず風呂」には、金屋ゆずをプカプカと浮かべております。ゆずのいい香りで秋を感じるのも素敵ですよね。12日(土)〜20日(日)まで実施しております。是非、お越しくださいませ。※お風呂のみのご利用は、承っておりません。お食事付日帰りプランまたはご宿泊の方はご利用いただけます。

投稿者 yumetsuduri : 2016年11月12日 20:21 | トラックバック (0)

2016年9月1日よりサービス開始


2016.9.1〜朝食コーヒー.jpg















 ゆめつづりの秘密でもお話ししておりました朝食バイキングでのコーヒーですが、ついにお客様のご要望にお応えできるようになりました。問題のレストランの席数については、ラウンジに移動していただくことで解消できます。

 また、コーヒーの酸化については、お客様の流れを見ながらドリップしております。最近では、煮詰まり防止のリングがあるらしく、いろいろと進化している技術を使いながら、美味しいコーヒーを提供できるよう努めております。一日の始まりを不満なく過ごしていただけたらと願っております。

 ちなみに、当館からのお礼状やDMについているコーヒーのサービス券は、今まで通り続けますので、リピーターの皆様、ご安心くださいませ。(笑)

投稿者 yumetsuduri : 2016年09月15日 13:52 | トラックバック (0)

2016年7月1日〜7日【七夕飾り】


 7月1日〜7日まで七夕飾りを玄関先にご用意しております。宿泊の方、お日帰りの方、またまたラウンジのみご利用の方も、是非願い事を書いてください。
 ゆめつづりには、昔から前庭の松に天狗が住んでいると言われております。毎年暮れには、新しい〆縄を用意し、2本の松におまつりします。2本の松の間を行ったり来たりして、ゆめつづりを守り続けてくれる優しく頼もしい天狗のようです。天狗とは、流星の別名とも言われるらしく、天の川からの流れ星が、もしかしてゆめつづりの天狗なのかもしれません。こんなおとぎ話を想像しながら過ごす1日があってもいいと思いませんか?たまには、身体も心も休めて、ゆっくり過ごしましょう。

2016七夕.jpg

投稿者 yumetsuduri : 2016年07月01日 17:08 | トラックバック (0)

2016年6月4日【観光祭】


 毎年恒例の6月の第一土・日曜日に開催される観光祭。花火はもちろん、夜高行灯、天正いなほ太鼓、庄川音頭街流しなど、見所たっぷりのお祭りです。
 当館のお客様も、ゲタをカランコロンと鳴らしながら、町へ出かけていかれました。花火のクライマックスは、当館協賛の70メートルのナイアガラでしたが、大変美しく、印象に残る花火でした。
 「来年のお祭りも是非来ます」と言ってくださるお客様もいらして、またまた来年の楽しみができましたぁーーーー。

2016観光祭.jpg

投稿者 yumetsuduri : 2016年06月06日 14:24 | トラックバック (0)

ご予約・お問い合わせ 0120−82−1253 フォームはこちら フォームはこちら 求人情報はこちら
庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり
富山西部の奥座敷にひっそりと佇む温泉宿です。五箇山のお膝元にあり、目の前には庄川峡の清流が流れる閑静な空間で、
四季折々の里山の表情、富山湾で水揚げされたばかりの旬の魚をたっぷりご堪能ください。